胸が垂れない為に行う授乳中のケア

授乳中にする胸のケア

胸が垂れないようにするために、授乳中から行えるケアがあります。
ケアを行うことによって、授乳中でも、卒乳後に胸が垂れないように整えておくことが可能になります。教える女の子

 

胸の大きさは、出産後にピークを迎えます。

 

私は出産の2・3日後がピークでした。
シャワーすると余計に代謝が上がって痛い位でした。
この時が、人生で1番胸が大きかった時だと思います(笑)

 

卒乳とともに段々ボリュームも戻っていきます。

 

妊娠中に増えた体重は、少しずつ落ちていきます。
この時に太ってしまうと、胸に脂肪がつく事になり、ハリを失う原因や胸が垂れる原因となります。

 

産後太りには注意しましょう!
授乳中に胸のケアをしっかりと行わないと垂れてしまいます。

 

胸が垂れない為のケア

胸が垂れないように授乳中からできるケアとして、まず自分のサイズに合っている下着選びをするということが最も重要になります。
そして、授乳中は時期に合ったブラジャーがあります。

 

産褥期・授乳期・卒乳期とあるので、時期で使い分けましょう!
あまり母乳を飲まなくなっても、産褥期用のソフトタイプを着けていると、胸がどうしても母乳の重みで垂れてしまいます。

 

産褥期が終わったら授乳用のソフトワイヤー入りのブラジャーを使いましょう。

産後半年までは補正しやすい時期です。
時期に合ったフィットする物を使うことで、無理なくしっかりと胸を包んで支えてくれます。

 

産後の胸のサイズは変化しやすいので、フィットしなくなってきたら試着して買い換えましょう。

お金は掛かってしまいますが、適切なブラジャーを着けることで下垂防止になります。
合わないブラジャーは形を崩します。
正しいブラジャーを着けて、いい形をキープしましょう!
ブラジャーの選び方はコチラ⇒「正しいブラジャーの選び方

 

この他にも胸を支えてる筋肉の働きが低下してしまわないように授乳中でも、しっかりと筋肉を鍛えておいてあげると良いです。
筋肉の鍛え方はコチラ⇒「エクササイズでバストアップ

 

産後ダイエットは無理せずに行いましょう。

授乳中は産後のダイエットをしてる人がいると思いますが、極端なダイエットは胸が垂れてしまう大きな原因になります!
しっかりと栄養バランスのとれた食事をとりながら、適度に体を動かしてダイエットをしていくということが大切になります。

 

赤ちゃんの抱っこやお世話は前かがみになる事が多いです。
時々ストレッチをしましょう!
母乳の出も良くなるストレッチはコチラ⇒「姿勢を改善してバストアップ