卒乳後に胸が垂れてしまう原因

卒乳後に胸が垂れる原因

女性は、出産し授乳が終わると胸が小さく垂れてしまいます。

 

どうして授乳が終わると胸が垂れてしまうのでしょう?

 

授乳が原因?

授乳している間は乳腺が活発に働いていて、母乳が作られている為に大きく張っています。
母乳を出さなくなると、乳腺の働きがストップし、風船がしぼんだような状態になってしまうからです。
赤ちゃんとお母さん

 

授乳をする前の段階では、胸そのものがバランス良く、胸の中心に乳腺があり、綺麗な胸だったと思います。

 

授乳をすることにより、乳腺や乳首が低い位置に垂れてしまうというのが大きな原因だと思います。

 

授乳の姿勢が原因?

授乳する時にも、赤ちゃんが飲みやすいように自分のお腹の辺りで赤ちゃんを抱いて母乳を飲ませてしまいます。
こうしたことも卒乳後に胸が垂れてしまう原因だといわれています。

 

赤ちゃんが下の位置から母乳を飲んでいると、胸が引っ張られる形になります。

 

胸をしっかりと支えている筋肉が傷ついてしまい、垂れてしまうともいわれています。
授乳中の方は、垂れないように授乳をするのもポイントです。
授乳法はコチラ⇒「胸が垂れない授乳法

 

下着が原因

授乳中というのは胸をしっかりと支えるような下着をつけることも無くなります。

 

ワイヤーでしっかり支える下着では、血液の流れが悪くなり、胸が張ったり乳腺炎の原因になる可能もあります。

ため息をつく女の子

授乳もしやすいので、授乳用ブラジャーを使いましょう。

 

でも、支える下着ではないので、母乳が作られて大きくなってしまう胸は、どうしても下に垂れてしまいがちです。

 

その状態のまま卒乳を迎えてしまうので、胸が垂れたままになってしまいます。

 

このように卒乳後に胸が垂れてしまうことにはしっかりとした原因があります。

 

こうした原因を取り除くことができず、実際に卒乳後に胸が垂れてしまったという人でも、ケアを行っていけば胸にハリが戻ってきます。
エクササイズはコチラ⇒「エクササイズでバストアップ