垂れない胸が作れる体操

垂れない胸の作り方

胸が垂れないようにする為には、背中の筋肉が重要です。

 

 

背中の筋肉をしっかり使われているかいないかで変わってきます。
きちんと使われていれば、上向きの胸になります。姿勢を意識して、背筋を伸ばしましょう。
背中の筋肉を使って、肩を後ろに引くように意識しましょう。そうすることで、垂れることはありません。
上向きの胸を維持できます
垂れない胸になる体操を紹介します。

 

垂れないバスト作りの体操

垂れないバスト作りの体操イメージ
姿勢をまっすぐにし、両腕を伸ばします。

そのまま耳の後ろまで引いて、手のひらを外側に向けます。
背中の筋肉を使って、腕を後ろに引くような感じです。

背中の筋肉を意識して、手を外側に向けて腕を下ろします。
肩が後ろに引っ張られて胸が開き、上向きバストになるのを確認してください。

手を下ろして肩の力を抜きます。 

 

体操の効果

 

この動作で、上向きバストに必要な胸板の角度になります。
この体操をこまめに行うと姿勢がリセット出来ます。
胸が開いて肩の血行も良くなります。
授乳の方は乳腺炎予防になります。
肩こりやデスクワークの方は時々行ってリセットするといいです。他にも胸を維持する為には、色んな角度から鍛えましょう。
筋肉の鍛え方はコチラ⇒「エクササイズでバストアップ