腕立て伏せ等の運動の胸への効果

腕立て伏せは効かない?

バストアップの運動として、胸の筋肉を鍛える腕立て伏せが有名だったりします。

 

バストは、助骨から腕の骨にかけて大胸筋があります。
その上に乳房がついています。
ですので、大胸筋だけを鍛えても胸が大きくなるわけではありません。

 

大胸筋を鍛えると?

大胸筋は、バストラインの土台としては鍛えた方が良いです!

 

鍛える事で、バストラインのキープや張りのあるバストになります。

 

胸を支えてくれるので、鍛えることで天然のブラジャーが出来るイメージです。
流れやすい胸や垂れやすい胸をしっかり支えられるようにしましょう!
バストアップとしては、1箇所を鍛えるエクササイズではなく、全体を鍛えましょう。
バストアップが出来るエクササイズはコチラ⇒「エクササイズでバストアップ

 

胸が垂れる理由

キレイなスタイルのイメージ胸の向きは、胸の角度によって大きく変わります。
胸が前に傾けば、一緒になって乳房も垂れます。

 

授乳の姿勢が悪いと垂れるのはこれと同じです。
猫背の人も前かがみになってるので、垂れてしまいます。

 

つまり、前に傾かないように支えれば垂れません!
その為に、背中の筋肉を鍛えるのも必要です。

 

授乳中の方は、正しい授乳姿勢を思い出してください。
垂れないように授乳する方法はコチラ⇒「胸が垂れない授乳法

 

前かがみでの授乳だと、バストの下垂や乳腺も圧迫されて詰まりやすくなります。

肩を後ろに引くと、背中の筋肉が縮んで胸が開きます。
上向きの胸になります。
立っている時など、普段の姿勢も意識しましょう。