卒乳後に胸が垂れない為に出来ること

卒乳後に胸が垂れない方法

赤ちゃんが生まれて授乳をしている時は胸が大きくなりますが、授乳が終わると胸が小さくなります。
元に戻ればいいのですが、元よりも小さく垂れてしまう人も結構います。

 

そのために、胸を小さくしたくないお母さんが母乳はあげずに、すぐに母乳をストップさせてしまう人もいるようです。
母乳をあげるとメリットも多いので、出るのならなるべく授乳して欲しいと思います。

 

母乳をあげるメリット

母乳というのは、赤ちゃんの体の免疫力を作っていくための大切な成分です。
特に大きな問題がなければ出来るだけ飲ませてあげて欲しいと思います。

 

粉ミルクはお金もかかりますし、外出時等の持ち物も大変です。授乳
また、母乳を飲む姿は、とても可愛いものです

 

産後に助産師さんから聞いた話ですが、母乳を飲みながら寝ることは、大人になった私達がどんな事をしても得られない程の幸福を感じるそうです。

 

せっかく出るのでしたら、幸せいっぱいにしてあげてください

 

お母さんにとっても、母乳だと、子宮が早く回復する効果やダイエット効果も大きいです。

 

授乳で胸がたれない方法とは?

確かに卒乳後に胸が垂れてしまうというのは嫌なことですが、しっかりとしたケアを行っていけば、卒乳後に胸が垂れてしまうことを防ぐことが可能です。

 

卒乳後に胸が垂れないようにするには以下のような事を意識してみましょう。

 

赤ちゃんに母乳を飲ませる時は、できるだけ赤ちゃんを胸に近い位置で飲ませてあげるようにします。

胸より低い位置はお母さんも抱っこしていて楽です。
でも、赤ちゃんが乳首を引っ張りながら母乳を飲んでしまうことになるので、胸が垂れてしまう原因となります。
垂れない為の授乳法はコチラ⇒「胸が垂れない授乳法

 

自分のサイズに合っているブラジャーを付けるようにしてください。

授乳するのは一定期間なので、あまりブラジャーにこだわらないという人も多いです。
母乳を出している間は胸が大きく張りますが、しっかりと自分の胸に合っているサイズのブラジャーをするというのはとても大切なことです。
正しいブラジャーの詳細はコチラ⇒「正しいブラジャー着けてますか?

 

無理なダイエットをしない。

妊娠で太ってしまいダイエットをする人は、必ずタンパク質を摂取するようにしてください。
無理なダイエットをせずにゆっくりと体重を落としていくようなダイエットを心がけましょう。